なぜディスポーザブルレンズば安いのか?

い捨てレンズはなぜ1 枚100円〜1,0000円代で売れるのか

従来型のコンタツレンズは2万円以上していたのに、使い捨てレンズはなぜ1 枚100円〜1,0000円代で売れるのかという質開かよくあります。 それは、製法が全く変わったからです。従来型のレンズは、ハードもソフトも人工ダイヤモンドの1台が何千万円もする機械で時問をかけて削りだすという「レースカット製法」で作られていましたので大量生産ができず、コストが高くついたのです1980年後から発売された使い捨てレンズは、モールディング製法で作られています モールディング製法とは、プラモデルを作るのと同じように、外面側の型に液体ポリマーを入れ、内面側の鋳型で押してサンドイッチ状にして、レンズを成型する方法です。安く生産することができるようになったのです。


○大量生産だから品質が悪い? 

販売店へ行くと、使い捨てはレンズ品質も性能も悪いから、従来型のレンズをおすすめします。といわれ、無理やり押しつけらているところがあるようです ばとんどの使い捨てレンズは、使い拾てにしないといけないばど汚れやすい高性能の素材を使っており、根拠のないことをいって自社ブランドの高いレンズを売りつけているわけです。

ディスポーザブルレンズの寿命

「なぜ、使い捨てレンズは1日(または1週問か2週間)で捨てなければならないか」を医師が説明できないと、患者さんはそれを実行してくれません。
私はソフトレンズで高い酸素透過性を得るためににて含水率を高くする必要がありますが、素材が汚れやすいため、長期問は使えないので使い捨てになったので低コストで製造できるようになり、使い捨てレンズが実用化されたのです]と説明しています。 皆さんも疑問をおもちでしょうが、2週問で交換する頻回交換レンズを4週問使ったらどうなるかという臨床試験を行ったことがあります。きちんとしたケアと消毒をしていても、2週間を超えるとゴロゴロした異物感が出てきます。
4週間目のレンズに蓄積し、たタンパク量はひじょうに多くなり障害を起こすほどになります。

●コンタクトレンズ表面を電子顕微鏡で観察すると
速続着用ディスポーザブルレンズの表面には付着した汚れを電子顕微鏡で観察してみました。眼脂の多いアレルギー性結膜炎の患者のレンズはさらに汚れがひどいことがわかります。

SIDE MENU

【おすすめcontent】


コンタクトレンズにもいろいろな種類がございます。こちらのサイトでは、その種類や特徴を知っていただければと思います。
当サイトは、順次、加筆を行っていきますので、よろしくお願い致します。