老視の人にも使い捨てコンタクトレンズ

日本でも1999年より発売されました。老眼世代が増加

1997年よりアメリカで、頻回交換のバイフォーカルソフトコンタクトレンズとして、日本でも1999年より発売されました。老眼世代が増加し、アメリカの多くのレンズメーカーはすでに老視用のコンタクトレンズを発売し ていますが、2ウィークアキュビユーが約80%のシェアをとっています。
レンズデザインは、Multiple Alternating Concentric Zone と呼ばれ、 遠近同時に見えるタイプに分類されます。中心部が 遠用であり、瞳孔の大きさによって見にくくなることを防いでいます、例えば、明るさによって瞳孔は変化しますが、見え方が悪くならないようにデザインされています。
他社のバイフォーカルレンズは、近用部を中心にもってきてい るものもありますが、2ウィークアキュビューに比べると、近用部はレンズの厚みが分厚くなり、酸素透過性が落ちたり、夜のドライブで見にくいなどの欠点があるようです。

SIDE MENU

【おすすめcontent】


コンタクトレンズにもいろいろな種類がございます。こちらのサイトでは、その種類や特徴を知っていただければと思います。
当サイトは、順次、加筆を行っていきますので、よろしくお願い致します。