老視用のコンタクトレンズ 老視と遠視の違い

「50歳を超えても軽い近視があるので、メガネをはずせば新聞も読めるので老目(老視)はまだまだ」 「50歳を超えても軽い近視があるので、メガネをはずせば新聞も読めるので老目(老視)はまだまだ」とおっしゃる人が多いのですが、言葉づかいが問違っています。老眼についての正しい知識が必要なようです。速くや近くにピントを合わせることを調節と呼びますが、焦点を合わすが年齢とともに硬くなり、ピントが合う範囲(訓節幅)が狭くなるのが老視です。40歳を超えて本を読むときに少し本を離したくなったときは、そろそろ老視がはじまっています。

コンタクトレンズ装用者が老視がはじまったら? これまでなら、コンタクトレンズの上から老眼鏡をかけることになりますが、最近は、バイフォーカルの使い捨てコンタクトレンズを使う人が徐々に増えてきました。 
バイフォーカルレンズには、遠近の両方が見えるように2種類の度数が一枚のレンズにはいっています。 アメリカでは、7,800万人のコンタクトレンズ装着者がおり、100万人が老視用コンタクトレンズを使用しています。70 万人がモノビジョンで使用し、30万入がバイフカルコンタクトレンズを使用しています。モノビジョンというのは、片方の目を単焦点の レンズで遠方から中間距離にピントを合わせ、反対側の日を近方 から中間距離に合わせる方法です。これまでのバイフォーカルコンタクトレンズの成功率は20〜30%であったため、モノビジョンを選択することも多かったのですが、今後はバイフォーカルコンタクトレンズの使かいが増えていくでしょう。

老視用のレンズのデザイン

バイフォーカルレンズは、遠くにピントが合う部分と近くにピ ントが合う部分が一枚のコンタクトレンズの中にデザインされています。
メガネと違って、コンタクトレンズはまばたき時に回転するため、交代視タイプの場合は回転しにくいデザインにする必要があります。一方、同心円タイプは回転しても同じ見え方ですが、上下に多少ずれたときに見にくく感じることがあります。従って、 同心円状にの5っのゾーンを作り、明るさに影響を受けないデザインのも登場しました。

SIDE MENU

【おすすめcontent】


コンタクトレンズにもいろいろな種類がございます。こちらのサイトでは、その種類や特徴を知っていただければと思います。
当サイトは、順次、加筆を行っていきますので、よろしくお願い致します。